場面から探す
一覧から探す
ぶんけいマイネット
パスワードを忘れた場合
1119

小林一茶がなくなった日

1827年のこの日(1828年1月5日)「おらが春」などを残した俳人 小林一茶がなくなった。64歳だった。一茶の作った句は約2万句と言われ、松尾芭蕉の約1千句、与謝蕪村の約3千句に比べ非常に多い。代表的な句に「やせ蛙まけるな一茶これにあり」「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」などがある。

<前の日を見る次の日を見る>

テスト分析調査にご協力ください!