場面から探す
一覧から探す
ぶんけいマイネット
パスワードを忘れた場合
0815

刺身の日

1448年、刺身が初めて文書に登場した。室町時代後期の書記官だった中原康冨のこの日の日記に「鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり『さしみなます』の名の起り」とあり、これが初めて文書に登場する刺身に関する記録とされている。

<前の日を見る次の日を見る>

テスト分析調査にご協力ください!