場面から探す
一覧から探す
ぶんけいマイネット
パスワードを忘れた場合

ワンクリックアンケート

テストの記述問題で採点に迷った際はどのように対応されていますか。 テストの記述問題では児童から様々な解答が出ると思います。
採点の際に正答か誤答か迷った場合,どのように対応されているか,方法をお教えください。
投票期間:2018年2月1日~2018年2月28日

  • 自分で基準をつくり採点する。(62%)
  • 他の先生と相談して採点する。(38%)
  • 児童に解答の意図を聞いて採点する。(0%)
  • 教材会社に問い合わせる。(0%)
  • その他(コメント欄にご記入ください)(0%)
寄せられたコメント※()内は選択した解答

コメントはありません。

文溪堂編集部からのコメント

今回のワンクリックアンケートの結果から,記述問題の採点に迷った場合,自分で基準をつくって採点をされる先生が多いことがわかりました。テストの採点の中でも,様々な解答が出る記述問題の採点は,時間がかかり苦労されている先生も多いのではないでしょうか。

そんな先生方に朗報です!
2018年度の文溪堂のテストには,新企画として,教師用書に「くわしい採点基準」がついています。正誤判断の基準に加え,具体的な正答例・誤答例も載っているので,時間がかかる記述問題でもスムーズに採点ができます。
そのほかにも,2018年度の文溪堂のテストには先生方のお役に立つこと間違いなしの企画が目白押しですので,採択の際にはぜひご検討ください。

また,文溪堂では,テストの信憑性・妥当性をより一層高めることを目的とした「テスト分析調査」を行っています。この調査は,文溪堂のテストをお使いいただいている先生にご協力いただき,テストの正答率や主な誤答例を分析することで,問題の改善に役立てています。
より質の高いテストを提供するため,来年度,文溪堂のテストをご採択いただいた際には,ご協力のほどよろしくお願いいたします。

★詳細はトップページ左の分析調査のバナーをご覧ください。